おりもの ゼリー

おりものは身体の状態によって色や量、匂いが変化するものです。 ただし おりものの変色が長く続く、経血の量が増えている、悪臭を伴う、排尿痛や腰痛の他の症状を伴うなどという場合は、病気の可能性があるので婦人科を受診するようにしましょう。

2
おりもの ゼリー

不正出血は婦人科系の多くの病気の前兆になりますので、一度病院で調べてもらった方が賢明です。 おりものの細かな変化はよく観察しておきましょう。

14
おりもの ゼリー

正常なおりものに、少し血が混じることがあります。 おりものは膣内を雑菌から守る役割を果たしているため、量の多少はありますが、常にあるのがふつうです。 無色透明や半透明といった色の違いは時期に関係していて、基本的には排卵の前になると透明で、触ると伸びやすいおりものになります。

16
おりもの ゼリー

初経が始まる前から卵胞ホルモンが分泌し始め、おりものが少量分泌し始めますので、初経が近いということがわかるでしょう。 無排卵月経の可能性がある場合は、妊娠の希望の有無に関わらず、早めに医師に相談しましょう。

20
おりもの ゼリー

排卵日のおりものは、子宮頚管からの分泌物が増えます。 前駆は子宮頸管の熟化を促しますが、実際にの間に起こる子宮頸管の拡張は起こりません。 透明なおりものや白いおりもの、黄色や茶色っぽいおりものなど、さまざまな色のおりものが見られるかもしれませんね。

おりもの ゼリー

通常のおりものとは異なる粘膜栓ですが、 粘膜栓は透明でゼリー状のかたまりで、手でつかめるほどの粘度もあるので、おりものの量が増えたと勘違いしてしまうかもしれません。

3
おりもの ゼリー

もしも、普段よりも圧倒的におりものが多かったり、カッテージチーズ状のおりものが出たり、または出血が見られるときには注意が必要です。

11