エン フィールド ロイヤル

ただし硬質ではなくマイルドで乗っていて気持ちの良いフィーリング。 シンプルで無駄をそぎ落とした、本物のクラシック・モーターサイクルを製造するというレガシーを守り続け、1世紀以上にわたって世界の最も過酷な地域を旅しながら、記憶に残る体験と伝説的な物語を生み出してきた。 その上で、アップハンと前寄りのステップの位置関係により、切り返しなどはGTよりも軽快だ。

20
エン フィールド ロイヤル

もっともミッドレンジの力は、排気量とパワーに優るW800やストリートツインには及ばない。

1
エン フィールド ロイヤル

英国のハリス社はかつてWGPにもマシンを送り込んでいた一流のフレームビルダーである。 お財布にやさしいバイク• ちなみにライポジはカフェレーサーの基本であるセパハン&バックステップではあるが、極端ではなく程よい前傾スタイルに設定されていて、スポーティにも走れてツーリングも快適にこなせるレベル。 GTがカフェレーサーなら、INTはより自由な雰囲気を持ったスタンダードなモデルと言えそうだ。

エン フィールド ロイヤル

アイシャー・モーターズ Eicher Motors マネージング・ディレクター、シッダールタ・ラルのコメント 「120年はブランドにとって長いレガシーであり、この日を迎えることができたことを大変嬉しく思います。 見た目はノスタルジックだが乗り味はモダンだ たぶん、フレームが優秀なのだと思う。

7
エン フィールド ロイヤル

70年には倒産するという憂き目に遭っています。 とはいえ、時代の時代の流れに押されてロイヤルエンフィールドが電動化への道を歩むとしたらその存在意義は後退してしまうとの心配もあります。 あえて言うなら、エンジンのシリンダーヘッドカバーの造形は似ているものの、単気筒車のバレット/クラシック系のように、昔ながらの伝統を継承するモデルかと言うと、必ずしもそうではないようだ。

14
エン フィールド ロイヤル

車種 [ ] ロイヤルエンフィールド・サンダーバード よりインドに生産が移ってからもオートバイの車体構造をほとんど変更しなかったため、かつては「本物のクラシックバイク」として貴重な存在となっていた。 ロイヤルエンフィールド ヒマラヤ 試乗インプレッション 穏やかで優しい乗り味と 必定にして十分以上の悪路走破性 普段はあまり公言しないものの、実は僕は昨今のアドベンチャーツアラーのハイパワー&電脳化路線に対して、そこはかとない疑問を抱いている。 排気量は650ccとジャストミドルで最高出力も47psと取り立てて凄いわけではないが、逆にそれが扱いやすい。

2
エン フィールド ロイヤル

【ロイヤルエンフィールド・サンダーバード500】アップハンドルや肉厚な段付きシートなどでクルーザー仕立てとされたモデル。

18
エン フィールド ロイヤル

これも名前は古風だがスペックは現代版。 とても楽しみです」 【ビマル・サムブリー氏】 「日出(い)ずる国で、今日という日を迎えられたことをうれしく思っています。

20