本線 事故 名鉄

がを行ったところ、同社線内の踏切の遮断機が作動しなくなっているとの通報が複数入っていたことが明らかになった。 これでは中にいた方も無事では済まないですよね…。 同様の流出は2010年8月の台風による大雨でも発生しており、JR北海道、国土交通省函館開発建設部、の3者は、治水対策を進めていたが、9日に降った雨は、この治水対策の目安を大きく上回っていた可能性があるとみられている。

17
本線 事故 名鉄

この踏切を操作していた警手は2006年2月に1年6か月の判決を受ける。 同駅では2006年8月20日にも、を忘れたことで今回とほぼ同地点まで無人車両が流転するという事故が起きており、同事故を受けてJR東海では停泊車両へ手歯止めを装着した後の報告の義務化や、エンジンを停止すると同時にブレーキがかかるよう車両を改良するなど対策を講じていたが、今回は入換作業中のため機能しなかった。

18
本線 事故 名鉄

事故車両のうち、損傷が激しかった進行方向前寄り4両は現地解体されたが、被害が少なかった後寄りの3両は、事故の風化防止に役立てるため、解体せず遺族の手記とともに鉄道施設に展示される予定となっている。 警察による実況見聞もあります、の車内アナウンス。

本線 事故 名鉄

しかしながら、輻輳するの影響で踏切の待ち時間は長ければ20分以上に至ることもあり、列車が通過して遮断機が開いたかと思いきやすぐさま警報機が作動して遮断機が再び降りるという現象も頻繁に発生しているため利用客からの苦情が絶えなかった。 同駅付近ではで1992年と、ほぼ同位置で1965年にも事故が発生している。

10
本線 事故 名鉄

原因は運転指令員が信号および転轍器に対しマニュアルと異なる誤った取り扱いをしたためであった。 東海道新幹線架線切断停電事故 [ ] 2010年(平成22年) 13時50分頃(電気火災事故、輸送障害) のJR東海・ - 間で、「」659号()12号車のが走行中に破損、その破片がに接触してパンタグラフへ電気を供給するを吊っている補助吊架線が切断され、その際発生した火花により線路横のの枯れ草が燃える火災が発生。

本線 事故 名鉄

248名の乗客は車掌の指示で発煙があった車両から別の車両に避難したが、その後が状況確認やとの連絡に手間取り、車内にが充満した。

18
本線 事故 名鉄

。 留置車両に手歯止(車輪止ブロック)を使用せずに長時間留置されたため、の定圧空気タンクの配管接続部分から圧縮空気が徐々に漏れ出し、ブレーキが自然緩解したのが原因とされた。 けが人はなかった。

12
本線 事故 名鉄

事故後に入線した・・も新製当初から取り付けられている。 警察官に後は任せて帰ってきたけど。

19