グラフ 作成 エクセル

他の項目も後から変更可能なのでデフォルトのままで問題ありません。 「グラフの挿入」画面の「おすすめグラフ」タブが表示されるので、画面左の一覧から表の内容に合ったグラフをクリックして選択。 B3:F9を範囲選択し、グラフウィザードを使って棒グラフを作成します。

グラフ 作成 エクセル

このような場合は、「縦棒グラフ」と「折れ線グラフ」を組み合わせた複合グラフを作成するのが効果的である。 編集部が選ぶ関連記事• ここから、ちょっと設定値が上記と異なります 軸のオプションの境界値で、 最小値を -80000 としました。 複数のセルを選択する際は「Shift」キーを押したまま方向キーを押すと選択範囲が広がります。

2
グラフ 作成 エクセル

数値軸をクリックして選択します。 確かに「第2軸」の目盛線も表示されているが、目盛線の数が多すぎて、逆に数値を読み取りにくいグラフになってしまう。

7
グラフ 作成 エクセル

【Excel 2013】 [縦棒グラフの挿入]ボタンをクリックします。

17
グラフ 作成 エクセル

グラフは表のデータをリアルタイムで反映させているので表のデータを変えるとグラフもすぐに変化します。

10
グラフ 作成 エクセル

「会員数」の右端にある「第2軸」にチェックを入れ、「OK」ボタンをクリックする。 同様にパターン・フォントの修正もできます。

17
グラフ 作成 エクセル

グラフの作成手順 では手順を追って集合縦棒グラフを作っていきましょう。 左右の軸の目盛線を共通化したグラフ さらに、各軸が示す内容を明確にするために「軸ラベル」を追加しておく必要もある。 この連載の前後回• 下図は (平成28年10月1日現在)から抜粋しました。

2