意味 戦々恐々 の

戦々恐々の文章・例文 例文1. もともと「戦々恐々」での「戦」は、戦う(たたかう)意味ではなく、「おびえる」ことを表す「戦く(おののく)」の意味で使われています。 【例文】• 読みにくい言葉なので、正しい読み方も併せて知っておいてくださいね。

11
意味 戦々恐々 の

よく聞く言葉ですが、漢字だけを見ても「怖い」「恐ろしい」という意味だと分かりますね。

19
意味 戦々恐々 の

それだけに、常に冷静な精神状態を保つことが、とても大事なのですが、言うことは簡単でも、実際にそのような冷静さを維持することは、困難なことです。 「戦々慄々」は状況や人の態度に使われますが、「小心翼々」は人に対して使うことがほとんどとなります。 そういった心配を伴う何かに臨むときに、怖がりながら慎重に行動するさまを表してあります。

16
意味 戦々恐々 の

英語でも「戦々恐々」を使いこなしましょう 戦々恐々への理解を深めて適切に使おう 戦々恐々は日常会話ではあまり使う機会はないものの、ニュースや新聞などでは散見される言葉です。 戦々恐々にはいくつかの類語があります 戦々恐々の対義語 いくつかの類語がある戦々恐々ですが、対義語ももちろん存在します。 言葉の意味をしっかり理解して使える能力は、どんな場面においても自分を守ってくれます。

13
意味 戦々恐々 の

「競」という字は本来、二人並んで神に祈るという人の姿から成り立っています。 。 例えば「遅刻した挙句宿題を忘れた」と使います。

7
意味 戦々恐々 の

戦々慄々はただ怯えて震えるという状況を指します。 「戦々」は恐怖で震えるという意味で、「恐々」は恐れて慎むという意味です。 敢えて暴虎せず 敢えて馮河せず 人その一を知って その他を知るなし 戦々恐々として 深淵に臨むがごとく 薄氷を踏むがごとし 『詩経』小雅「小旻(しょうびん)」より 素手で虎と戦ったり、黄河を歩いて渡るような無茶無謀なことはしてはいけない。

18
意味 戦々恐々 の

「戦々恐々」となる状態は、ビジネスの世界では、日常茶飯事と言っても過言ではありませんが、できれば、急に起こったことや、恐ろしいことが起きても、心が激しく動くようなことにならないうように、心がけておきたいものです。 あるいは、修羅場や口喧嘩を目の当たりにした場合もそうです。 これが一般的によく知られている戦々恐々の意味ですが、実は「物事に対して腰を低く構え、慎みを持って謙虚にしている様子」という意味もあります。

12
意味 戦々恐々 の

まとめ 以上、この記事では「戦々恐々」について解説しました。 これからスタートするレース裏では戦々恐々とした雰囲気で息苦しかった 例文2. trembling with fear(恐怖に震える) 【例文】• 戦々恐々を正しく使うためにも、シーンごとの例文をいくつか紹介します。

3
意味 戦々恐々 の

一週間前に初めて大型の台風を経験し、それ以来、戦々恐々とした気持ちになっている。 (敵陣での勝負は戦々恐々とする。 このように、熟語単体で使うよりも四字熟語として使うことによって、その本来の意味をより強く深く相手に伝えることが出来ます。

20