てん 会 えら 顕正

用例 ・殿のこれほどの怒りをかってしまった以上は帰参も叶わぬもの と知れ。 用例 ・覚えたか!これぞ圓明流二刀の太刀よ! ・覚馬、これぞ我が流派、奥義の業 わざ 、覚えたか! 思召す・思し召す おぼしめす 一 お思いあそばす。 用例 ・如何にも、その通りじゃ。

19
てん 会 えら 顕正

そういうことを本当に一番本格的にやらなきゃいけないんだけど、どっちかっていうと表に出やすい政治的な事、だから神社本庁っていうのは日本会議っていうものを一番支える有力な団体ですから。

6
てん 会 えら 顕正

ありましたけど、その時の宮司を誰にするかって事で神社本庁が色々介入したので富岡八幡宮は神社本庁から離脱しちゃったんですね。 六 心構え。 二 第三者を卑しめて言う言葉。

9
てん 会 えら 顕正

用例 ・このような悪しき事、有間敷 あるまじき 事じゃ。

てん 会 えら 顕正

四 陰間茶屋。 二 戦国時代の武器は鉄砲術・弓術・投石術・槍術・刀剣術などがあったが、接近戦や敵味方が入り乱れる乱戦においてはこの組討が多用された。 二 過ちをさとって詫びる。

16
てん 会 えら 顕正

用例 ・我らは関ケ原の戦場 いくさば を生き抜いた荒武者よ。

てん 会 えら 顕正

七 刀剣の鑑定、刀剣の売買 仲介業者 もして収入を得ていた。 御忍 おしのび 一 身分の高い人が密かに外出する事。

17
てん 会 えら 顕正

老武者 おいむしゃ 一 年老いた武者の事。 戦国時代の言葉であるが、江戸時代にも使われた言葉。

4