次 二 小説 花 男子 大人 より

18:• その後のつかつくを書いたのでUPす。 。

次 二 小説 花 男子 大人 より

ちょっと相談したいことがあるんだけど、時間もらえますか??」 「牧野?相談?、、、あぁ、わかったよ。 道明寺とは、10数年前、ばったり会ったっきり。 「あっ、花沢社長。

20
次 二 小説 花 男子 大人 より

それから、玲人は、週1回彼女の働くレストランに、通うようになった。

3
次 二 小説 花 男子 大人 より

司は、ホテルのバーに玲人を呼び出していた。

20
次 二 小説 花 男子 大人 より

「うん。 。 。

14
次 二 小説 花 男子 大人 より

ピンポーン 佐伯家のインターホンが鳴った。 新たな道へ 15 <31> つくしは会議室から飛び出すとそのまま人にぶつかるのを 避けつつ、エレベーターのボタンを押した なかなか来ないエレベーターにそわそわしつつも 待っていると、後方からバタバタと走ってくる足音が聞こえてきた その足跡に気づいた時、エレベーターの扉が開いた すぐさまつくしはエレベーターの中へと滑り込むと すぐに扉を閉めるボタンを押した 閉じ行く扉を見つめるつくし その隙間からは、真剣な顔で走ってくる花沢類の姿が見えた その後すぐ扉が全て閉まった・・その時 花沢類がエレベーターの前のボタンを押した 閉じてすぐ押した為に、エレベーターの重厚な扉はすぐに開き始めた それを気づいたつくしはすぐさまエレベーターのボタンを 押そうとした しかし、その時 花沢類の腕が再び閉まり始めた扉を遮ると その反動ですぐ扉は開いた するりとエレベーターの室内へと入り込む花沢類 そして扉は閉じられた 花沢類は息を整えながらつくしの方を見た その視線に気がついたつくしは、ビクリと身を震わせた つくしの視線は下を向いたまま 「・・・・牧野・・・・」 「牧野だろ?」 「ねぇ?そうだろ?」 ずっと花沢類が声をかけても顔をこちらへ向けないつくし 重苦しい雰囲気が2人きりのエレベーターの室内に充満する その雰囲気に、なかなか自分のほうを向いてくれないつくしに 苛立ちを覚えた花沢類は、つくしのすぐ傍まで行き、肩を掴んだ 「ねぇ!!そうだろ!!こっちを向けよ!!」 掴んだ肩を勢いよく自分の方へ振り向かせた 振り向いたつくしの目は赤く、涙をたたえていた しかし、真近で見ることが出来たつくしの表情で たとえ4年の歳月が流れ、美しい大人の女性へとなっても 目の前の彼女は『牧野つくし』だと再確認出来た 苛立ちを覚えていた花沢類の心は途端に穏やかになり そして、つくしが無事でいてくれた事への安心そして喜びが 心の中に充満するのを感じずにはいられなかった 「牧野・・・牧野が無事で・・生きててくれて本当によかった・・」 それだけ言うと花沢類は、つくしを引き寄せふわりと抱きしめた 抱きしめた花沢類は震えていた その震えに気がついたつくしは あれから4年たって少し大人びた男性へと変化した花沢類 先程かわした握手・・・初対面のような対応・・ 花沢類は、自分の事など忘れてしまったと思っていた ・・・でも・・・ その震えで、自分の事を覚えていてくれていたと分かった そして、ずっとずっと自分の心配をしてくれていた事実に 花沢類のたった一言で感じ取ったつくしは 溜めていた涙がボロボロ流れるのを止めることは出来なかった 花沢類に会えた驚きは大きかった・・会いたかったけど会いたくなかった・・ でも今は・・・ 花沢類にやさしく抱きしめられ 感じる暖かな感触に 4年もの間、張り詰めていた心が少し弾けるのを感じた 花沢類に甘えてはいけない・・ 自分の辛い気持ちをぶつけてしまったら・・駄目 もう一人で生きてくって決めたのに・・・ そう思いながらも 花沢類に再び出会い、自分を覚えてくれていた 心配していてくれていた・・・ その事で高校時代と同じように 色々な自分の心を開いてしまいつつある自分がいた 「うっ・・・うっ・・・」 しゃくりあげながら泣き出すつくし その頬に伝わる涙を花沢類は指ですくいあげると 「牧野・・・もう俺に何も言わないでどこかへ行ってしまわないで」 それだけ言って、さらにつくしの体を抱きしめ直したのだった <32> エレベーターが1Fに到着したことを告げる音が聞こえる その音につくしが気がつくとすぐに花沢類の腕からすり抜けた すぐに流れている涙を手で拭うとそそくさとエレベーターを降りていった 早足で歩くつくしの後を足の長い花沢類がゆっくりと追いかける つくしは早くこのぐちゃぐちゃの顔をなんとかしたかった と同時にさっきまで花沢類と抱き合っていた事が急に恥ずかしくなり 顔が真っ赤になってしまった それを鎮めるために顔でも洗おうと女子トイレの方へと向かっていたのだ そして女子トイレの前まで来るとピタリと足を止め 花沢類の方に振り向いた 「花沢類」 「なぁに?」 「ここ・・女子トイレの前なんだけど」 「うん。

20
次 二 小説 花 男子 大人 より

。 彼女の部屋で暮らし始めて数ヶ月後の事だった。

5
次 二 小説 花 男子 大人 より

その様子を、離れたところから、偶然司が見ていた。 「花沢類は、道明寺のお嬢さんのこと知ってる?」 「梓ちゃんの事?ああ、もちろん。

8
次 二 小説 花 男子 大人 より

」 「じゃあ、、、何?」 つくしの様子に、何か感づいたようだったが続けた。 。 いったいどれだけの方が気がついてくれるか・・・ 楽しみだな~ スクロール出来ない方はをクリックしてください。

14