の 方 お茶 ビジネス 出し

続いておさえておいてほしいのは、お茶やお菓子を出す相手のどこに何を出せばいいのかというところです。

の 方 お茶 ビジネス 出し

あらかじめ急須を温めておくことで、お湯を入れたときの中の温度を一定にし、茶葉のうまみを引き出しやすくするのが目的です。

9
の 方 お茶 ビジネス 出し

また、冬場のお茶の出し方も、相手の喉が渇いている場合は、1杯目はごくごくと飲めるように少しぬるめのお茶を出し、2杯目からはゆっくり飲んでもらえるように少し熱めのお茶を出したりと、臨機応変に対応するといいでしょう。 まとめ このように、お茶出しは順番がいろいろと決まっていますので、すべてしっかり覚えておきましょう。 移動距離が長ければ、熱いお茶も運んでいる最中にぬるくなってしまったり、ホコリが入ってしまうかも入れません。

7
の 方 お茶 ビジネス 出し

一番大切なのは「おもてなし」の気持ち 来客したお客様にお茶をお出しする目的は「おもてなし」です。 柄の描かれている茶碗の場合は、柄がお客さまの正面にくるように気を付けてください。 茶托は重ねても良いでしょう。

13
の 方 お茶 ビジネス 出し

持参されたお客様が親しいお客様であれば、「お持たせですが、早速いただいてもよろしいでしょうか?」と声をかけ、お客様も一緒に召し上がっていただく形でお出ししても良いでしょう。

16
の 方 お茶 ビジネス 出し

湯飲み茶碗には、正面が決まっているものと、向きが関係ないものがあります。 あまりにも多く注ぐよりも、控えめの方が上品です。 淹れすぎると運ぶ時にこぼれてしまいます。

12