日記 紫式部

彰子後宮の雰囲気 紫式部日記が道長の要請で書き始めた日記であることを考えると、紫式部日記の主題は彰子の出産記録です。

18
日記 紫式部

この点については事実のみを記した記録や比較的事実を元としている史書とは性格を異にしていると言うことができ、記録や史書にある史実の隙間を補完し得る、非常に価値のある文献であると考えることができるだろう。

11
日記 紫式部

この雰囲気も相まって、定子の子であり、第一皇子である敦康親王が推されることを危惧したからである。 この紫式部日記では彰子の出産の記録をまとめており、これに関する紫式部の持論などが熱く語られています。 紫式部は藤原道長の娘である 藤原彰子に仕えており、基本的にはこの彰子のことが描かれています。

8
日記 紫式部

ここが最大のミソであり、古典を深く学ばせるポイントでもある。 紫式部と言うと源氏物語のイメージが先行しますが、この日記の存在によって彼女の内側を知ることができます。

日記 紫式部

[Turkiye Is Bankasi Kultur Yayinlari]、2009年3月、;。

6
日記 紫式部

和泉式部はおしゃれな手紙を書くし、歌もさりげない言葉の美しさが目に止まる。 ちなみに、清少納言も紫式部のことが嫌いであり、枕草子には逆に紫式部の悪口がふんだんに書かれています。 定子は20歳で出家するが、一条天皇は定子への思いを断ち切れず、後宮に呼び戻す。

9