メサ ジェリド

グリプス戦争時にT3部隊により各種試験運用されていたが、完成前にティターンズが壊滅、開発データがアクア・ハンブラビと共にレジオンにもたらされ、マリン・ハイザックと共に運用されている。 地球連邦軍、ティターンズに制式採用されることとなったハイザックはジェネレーター出力の低さから複数のビーム兵器を併用できないという問題を抱えていた。 生産性と操縦性の高さから連邦軍の次期主力機として大量生産された。

メサ ジェリド

作中設定において先行量産機にもその問題があるかは言及されていない。 漫画『』では、軍所属機が登場。

18
メサ ジェリド

カミーユのZガンダムすら圧倒し、ネモ2機を撃墜するなどの活躍を見せます。 本来の使われ方の「汚名返上」と「名誉挽回」が混ざってしまったわけです。

メサ ジェリド

和解時にはにしてである 「カミーユの名前をからかった」のを不器用ながら詫びており、当のカミーユもいきなり殴りつけた非礼を詫びる等、最初にして最大の因縁を精算することに成功している(ある意味、Vに出れなかった「」の立場も兼任したのだと思われる)。 バックパックにはに近似するタイプを採用。 2機で1機体扱いの機体は、に機体とを入れ替え交代するとの「&」、一部の攻撃でのみ専用になる「専用」などが存在する。

13
メサ ジェリド

やがて、ティターンズそのものが、世界中のテロリストを支援している勢力に属していた事を明かし、そのまま主人公たちをで倒そうとする上、都市間の移動ルートを爆破して主人公たちの足を奪ってしまう。

8
メサ ジェリド

RX-160• RX-110• かつてネオ・ジオン軍が認めなかったハイザック系機体が、ジオン共和国の軍人に「ザクの直系」として誇られる状況となっている。

4