ロボトミー ネツァク

Aは、提出期限を過ぎたネツァクと、それを優しくフォローするBを2人纏めて叱りつけます。 攻略ポイントは、「ケセドの指示に従うこと」。

16
ロボトミー ネツァク

クリフォト暴走が進むにつれ悪化し最終的にはカーソル位置も怪しくなる。 寡黙で控えめな態度。

4
ロボトミー ネツァク

" 記録チーム担当。

3
ロボトミー ネツァク

残された職員たちはカルメンの実験を引き継ぎ、コギト実験を続けた。 それを見たAは冷静な様子で、「次のティファレト」はもっと長い間正常に動くことを願うと呟きます。 第二のミッションを終えたとき、Aは会議のため不在であり、Bと管理人の会話が始まります。

4
ロボトミー ネツァク

ネツァクの件も含めて甘すぎるBに対して、Aはもっと厳格に振舞うよう忠告します。

13
ロボトミー ネツァク

このエピソードがきっかけで、ケセドは職員を思いやることをやめ、職員のことを消費する資源や道具としてみなすようになったのである。 アブノーマリティの収容されている部屋の扉の施錠を管理していたのはアンジェラであり、アンジェラはわざとアブノーマリティを脱走させたのだ。

13