茗 あらすじ の 宮廷 薇

このところ、華流ドラマの男装古装ものを続けて視聴しましたが、面白く視聴しました。 茗薇(小薇/魚寧)は事態の裏に茗蕙が関与していると確信し、戦を思い留まるよう十四皇子を説得するが受け入れてもらえない。 家の中に入ると、古代衣装の青年はまだ存在し、テレビを眺めていました。

9
茗 あらすじ の 宮廷 薇

後半の戦争のシーンもとてもカッコ良かった。 韩家は国の北西の守りの要となるで、皇帝は韩家を取り込もうと考えています。

2
茗 あらすじ の 宮廷 薇

今まで観た色々なドラマに故宮はたくさん出てきましたが、現代の立場から故宮をこの観光地みたいな丘から見るシーンは初めてだったのですごく新鮮でした。

茗 あらすじ の 宮廷 薇

だが、それからというもの、自然と灯籠が灯るたびにその青年が現れて、いつのまにか会話までしていた。 一般人でも、今時の子って顔も小さくて足も長くてスタイル良い子が多いと思うので、俳優さんもそうなのかなと。

茗 あらすじ の 宮廷 薇

薔薇は慌てて窓を閉めたが、その時、窓ガラスに誰かが映っていることに気づいた。 そんな二人の激しいやり取りが良かったです。 薔薇は仕方なく徹夜続きで幻覚を見たのだと自分に言い聞かせ、なかば自棄になって帰ることにした。

茗 あらすじ の 宮廷 薇

最初は誰か誰かよく見分けられなくて(汗) だってほら、髪形がみんな一緒 笑 中国ドラマを見慣れていない上に、髪形も衣装もほぼ同じで、次々と皇子が出てきますが、でも大丈夫。

20
茗 あらすじ の 宮廷 薇

小薇は十三皇子の面影を求めて故宮を訪れる。