です そこで 諦め 終了 たら 試合

「私だけかね…? まだ勝てると思ってるのは…」 安西先生は負けを覚悟していると思っていた桜木はその言葉を聞いてこう切り返す。 三井のいた中学・武石中が、県大会の決勝を戦っているときのこと。 この試合じゃなくたって、また別の試合で頑張ればいいじゃないですか。

7
です そこで 諦め 終了 たら 試合

「coming from you」は、その言葉が「あなたから来ている(発せられている)」ことを指しています。

6
です そこで 諦め 終了 たら 試合

その二回目は、漫画の27巻241話「4POINTS」。 この名言を振りかざす人は頑張ってるんだと思うけど、 「頑張るために頑張る」を助長しているんじゃない?って場面を何回も見てきた。

です そこで 諦め 終了 たら 試合

その他の安西先生の名言 「そろそろ自分を信じていい頃だ…。 インスト• 「もうダメだ…」「無理だ…」とあきらめそうになった時、 最後まで諦めないで全力を尽くすことの大切さを思い出させてくれます。

15
です そこで 諦め 終了 たら 試合

何でも揉めたらしいです。 その結果、見事逆転勝ちを収めます。

15
です そこで 諦め 終了 たら 試合

不良仲間の堀田から「本当はバスケ部に戻りたいんじゃ・・・」 小暮から「何が全国制覇だ・・・何が日本一だ!!何が湘北を強くしてやるだ!!夢見させるようなことを言うな!」 宮城から「三井さん、いちばん過去にこだわってんのはアンタだろ」 彼らの問いかけに心が揺れ、そこに恩師である安西先生が登場し、今まで三井が心にため込んでいた思いが溢れ、 この台詞をいいます。 と言うか、アニメではそもそもこの山王戦は放送されていません。 オーケストラ• その後の三井は怪我によりバスケ部を離れ、やがて2年の宮城や桜木と敵対。