ちゃん 子宮 摘出 チノ

net チノ「あ、あぁ~ッ!」ドババババー 子宮「はい、今月の生理は終わり。 お疲れさまでした」 「うぅ……あ、……」 数週間前、念願のに就職したのだが、『ばかりので若い男を野放しにすると皆されるのでは』 という懸念のがあり、結果、ちゃんが定期的にのからをしてくれるようになった。

4
ちゃん 子宮 摘出 チノ

net チノ「くっ、ふぅ……! す、すっごい濃いのが出たぁーッ!」 ワイ「ほんとうです……で、でもなんで……?」 チノ「それはね……ワイさんの気持ちが、私に伝わったからだよ! ワイさんの他人を思いやる優しさがね!」 ワイ「ワイのやさしさ……」 私「そう! だから、テクニックなんて、二の次なんだよ! オマンコくちゅくちゅは、上手い人にやってもらうより、好きな人にやってもらうのが一番気持ちいいんだよ!」 ワイ「す、好きって……はわわ……あ、あの……もうちょっとだけ、練習に付き合ってもらってもいいですか?」 チノ「もちろん!」 その後、私は一晩中ワイさんのおててに絶頂を続けて次の日の朝は起き上がれないほど疲弊していた。

16
ちゃん 子宮 摘出 チノ

チノ「ど、ドサクサにまぎれて匂いを嗅がないでください!」 拙者「か、かたじけないチノ殿……!」 チノ「べ、別に、オチンチンしこしこ練習するくらい普通です……。 ワイ「べ、別に普通はマフラーを換えたりしないんだよ……!チノちゃんのお仕事はチューナーじゃないんだから……。 しかし、その日以来、男根搾精をするときチノちゃんが耳元で「好きです」とつぶやいてくれるようになったので結果オーライ! 終わり チノ「げにかばかりかは。

2
ちゃん 子宮 摘出 チノ

「トホホ……ちゃんのにはなんだから……あーあ、どうにかしてちゃんのピュッピュをやさしくて気持ちいものにしてもらえないかな~、」 なのにちゃんのから明かりが漏れている。 それに、私は下手で、あんまり気持ちよくなってもらえないから」 「そ、そんなことないよ! ちゃんのその気持ちだけでは十分んだよ! あっ、そ、そうだ! ちゃんおてて出して! 「こ、こうですか?」 「そう! それじゃあ今からするからね! ちゃんのやわらかおててにドッピュするからね! ちゃんと受け止めてね!」 「えっ、」 「ウオー ! ててに出すぞ!」ドピュドピュドピュー 「ひゃあ」ビシャーッ 「くっ、! す、すっごい濃いのが出たぁー」 「ほんとうです……で、でもなんで……?」 「それはね……ちゃんの気持ちが、に伝わったからだよ! ちゃんの他人を思いやる優し!」 「私のやさしさ……」 「そう! だから、なんて、二の次なんだよ! は、上手い人にやってもらうより、好きな人にやってもらうのが一番んだよ!」 「す、好きって…………あ、あの……もうちょっとだけ、に付き合ってもらってもいいですか?」 「もちろん!」 その後、は一晩中ちゃんのおててにを続けて次の日のは起き上がれないほど疲弊していた。 。

9
ちゃん 子宮 摘出 チノ

原文 「ち、ちゃん! しくしないで!」 「うるさいですね……」シコ 「あ、あぁ~」 ドピュドピュドピュー 「はい、の搾精は終わり。 しかし子宮ちゃんは私のことは嫌いみたいで、いつもいつも無愛想に経血ドバドバしてまんこイタイイタイなのでした。 チノちやんのかかる思ひだに我はいとど御陰茎よき心地ぞせめ。

19
ちゃん 子宮 摘出 チノ

それが我が勤めにて候。

3